薬剤師の本当のこと

薬剤師は国家資格であり、知名度が高い職業でもあります。そこで、大変な思いをして資格を取得した人または薬剤師になろうとしている人にとって活躍の場所というのは気になる部分になってきます。つまり、就職先です。
そこで主にあげられるのが、ドラッグストアや薬局などです。こちらでは薬の販売をメインとして行っています。ドラッグストアは年々数が多くなっており、大手企業も多いですので、主な就職先の1つになっています。大手企業ですので、安定感もあり、採用人数も比較的多いですから、お勧めです。
ただ、薬を販売するだけでなくて、購入を検討している人にアドバイスを言うのも仕事です。薬の効果や副作用などはもちろんですけど、購入者の症状などを聞いて、適切な薬を選ぶ事も大事です。
最近では、病院と提携している調剤薬局も増えていますので、こちらも1つの就職先になっています。この調剤薬局も薬の説明をしていく必要がありますので、薬に関する知識量が問われる仕事になってきます。
薬剤師は薬を販売するだけが活躍の場ではないです。薬のメーカーに就職する事も可能です。営業に関わったり、薬の開発などに関わる事ができますので、販売以外の仕事がしたい人にとってはお勧めになってきます。
このように、薬剤師の活躍の場は、薬が関わっている所になってきます。今後も薬というのは私たちにとって大事なものになってきますので、薬剤師の活躍の場は広くあり安定した職業の1つです。

続きを読む≫ 2016/09/21 14:25:21

医療従事職のひとつである薬剤師。

 

医師や看護師とはまた違った切り口から、患者さんの病気に立ち向かっていく職業の方ですね。

 

その職業自体には非常に独自色が強く、看護師のように医師との共生、もっと言ってしまうと医師ありきでの労働はあまりない(看護師を低く見ているわけではないですよ!)、珍しい職業ともいえます。

 

さて、薬剤師は非常にたくさんの学生が目標としている職業です。近年、薬剤師になるための必要年数が6年間に引き上げられ、病棟実習期間が長めに取られることとなりました。より臨床の場に出たときに即戦力になる薬剤師がほしいとの表れなのかもしれません。

 

薬剤師はその性質上、化学を得意とする方に人気です。医者はどちらかというと生物に特化した知識が求められていますので、ここに薬剤師と医師の根本的なすみわけがなされているわけです。もちろん医師の職業上、薬物はもちろん扱えるのですが、それに関しての知識が薬剤師の方はずば抜けていると言い換えた方が正しいでしょうか。

 

気になるのは、最終的にどういった形で就職をするか、ここになると思います。身もふたもないことを言えば、稼ぎたいのであればその辺の薬局勤めになった方が確実にお金は溜まります。大学病院勤務などでは、ストレスたまる、労働時間長い、賃金安いと、いいようによっては三重苦ともいえるものです。薬局はこれの正反対と思っていただければ結構です。ただ、確実に病院勤務の方が薬剤師としてのスキルは高まります。

 

どちらを取るか、人によって考えは千差万別と思いますが、どちらを取っても後悔のないよう、しっかり考えていった方がよさそうですね。

続きを読む≫ 2016/09/08 16:27:08

薬剤師は難易度の高い国家資格の一つであり、一度資格を取得すれば、一生安定して収入を得やすい職業でもあります。薬剤師が必要な薬局や病院は全国にあることから、昔から特に女性に人気のある職業です。出産や子育てで一旦仕事をリタイアしても、子育てに一段落して復職することが容易だからです。夫の転勤などで住まいが変わっても、全国に求人があるのは大きな魅力です。
しかし、いくら有資格者であっても、長いブランクがまったく不利にならないわけではありません。医療業界は技術の進歩がめざましい世界であり、数年前の知識は必ずしも役に立たないことがあります。薬剤師の仕事は、薬の知識さえあれば良い、というわけではありません。保険制度や医療技術など、広い知識が求められる仕事です。それだけに、あまりに長い薬剤師ブランクは、採用側にも不安があるでしょう。復職する薬剤師の立場としても、不安を覚えて当然です。
女性に限らず、数年のブランクを経て薬剤師として復職する時は、書籍やインターネットなどで必要と思われる情報を収集することが不可欠です。保険制度の改正や最新の医薬品に関する知識などを勉強しておきましょう。薬剤師が今でも売り手市場であることは確かですが、毎年何万人という新薬剤師が誕生していることもまた事実です。新人薬剤師は経験こそないものの、最新の知識を持っているということで、求人側から重宝される存在です。優秀な現役薬剤師と同じ土台に立って就職活動をする以上、その程度の努力は必要です。
大手の調剤薬局などでは、ブランクのある薬剤師のために研修制度を充実させていることがよくありますので、そうした就職先を選ぶのも良いでしょう。

続きを読む≫ 2016/08/24 15:35:24

薬剤師という仕事はいろいろな働き方ができますけど、パートやアルバイトだけではなくて、派遣という働き方も可能です。
派遣として薬剤師の仕事をするとどういうメリットがあるのか?というと、1番に挙げられるのは時給が高いということです。
薬剤師の場合には、パートやアルバイトの時点でもある程度時給は恵まれている印象ですけど、それが派遣になるとさらに高くなることがあるので、これは知っておくと良いかもしれないです。
正社員になるともっと高いみたいですが、派遣の薬剤師というのはそれに近いくらいの金額をもらえることもあるので、仕事に対するモチベーションも高いかもしれません。
実際、派遣の薬剤師はどれくらいの時給になっているのか?というと、ケースによっても違いますが、3000円から4000円くらいはもらえると思います。
一般的な派遣から考えると、とんでもない金額ですし、一般的な仕事でいえば、正社員であっても時給換算してこの数字にはならないでしょう。
したがって、薬剤師はどれだけ給与面では恵まれているか?が分かると思いますが、派遣であっても十分と思えるくらいの金額を稼げるということになります。
だからこそ、薬剤師の場合には派遣で働くことにもかなりメリットがありますし、薬剤師として働くときには派遣も選択肢に入れると良いかもしれません。
もちろん、パートやアルバイトという選択肢もありますけど、より広い選択肢から選べたほうが自分の納得いく働き方ができると思うので、派遣についても知っておきましょう。

続きを読む≫ 2016/08/21 15:11:21 pasteditorials

薬剤師は非常に多くの仕事を任されて、それをこなしていきますが、正規雇用と非正規雇用では任される仕事内容が異なるというのが一般的だと思います。
したがって、任される仕事内容にもしかしたら不満を持つということがあるかもしれないのですが、一般的に責任が思い仕事は正社員の薬剤師が任されます。
そして、相対的に責任が軽い仕事は非正規の薬剤師が任されるとされているので、そこに差が生まれることになるのです。
自分がやる薬剤師としての仕事にこだわりを持っていない人にとっては、あまり関係ないかもしれませんけど、そこにこだわりがある人にとってはもっとやりがいのある仕事をしてみたいという思いがあるかもしれません。
特に非正規で働いている人はこういった気持ちになるかもしれないのです。
正社員の方はやりがいという意味では、ほぼ満たされる仕事ができると思いますけど、非正規の薬剤師はそうはいかないことが多いのです。
だから、そこに不満を持って仕事をしていくのが辛いというケースが発生するかもしれないので、そういったことをあらかじめ予見しておきましょう。
こういう仕事の分類はどこの職場でもある程度ありえると思いますから、自分が任される仕事内容にこだわりがある人、より責任の重いやりがいのある仕事をしたいと思っている人は非正規ではなく、正社員を選ぶと良いでしょう。
同じ薬剤師でもそういった部分の違いがあることは認識したうえで働き方を決めると良いと思います。

続きを読む≫ 2016/08/20 15:30:20

みなさんは薬剤時になるメリットを考えた事はありますでしょうか?きっと多くの方は薬剤師になるメリットはかなりあると思っているかと思います。

 

確かに薬剤師になれればかなりのメリットはあります。それは具体的にどういう点にあるのかというと、薬剤師としてどこかの薬局やドラッグストアで勤務すれば毎月かなりの収入になるからです。

 

それは少なくともそこらへんの中小企業以下の場所で働くよりもずっと収入は良いです。仕事自体も決して辛い類のものではないのでおすすめです。

 

ですがだかろと言って誰でも薬剤師を目指す事ができるのかというとそういう事はないです。
薬剤師になろうと思った時はますは大学の薬学部に6年は通う必要があります。

 

それができないという人も多いと思います。なぜならまずは薬学部の勉強に付いていけないという場合もあります。そしてもうひとつは薬学部に通うための学費を捻出できあいという事もあります。

 

そしてこれらをクリアできたとしても最後には薬剤師になるための国家試験も待っています。
それをクリアできてようやく晴れて薬剤師になれます。

 

ですから、ここまでの道のりを見事潜り抜けてようやく薬剤師になれるかどうか決まります。
なので薬剤師になれるという確証があればそれだけ道のりを耐える価値はあると思います。

 

ですが学費や薬剤師の勉強がネックになると思う場合は素直に薬剤師になるのを諦めるのが賢明です。それぐらい薬剤師はなるまでが大変という事です。

 

それが薬剤師の最大のデメリットと言えます。

続きを読む≫ 2016/08/19 16:14:19 pastmeetings