薬剤師のメリットとデメリットについて

薬剤師のメリットとデメリットについて

みなさんは薬剤時になるメリットを考えた事はありますでしょうか?きっと多くの方は薬剤師になるメリットはかなりあると思っているかと思います。

 

確かに薬剤師になれればかなりのメリットはあります。それは具体的にどういう点にあるのかというと、薬剤師としてどこかの薬局やドラッグストアで勤務すれば毎月かなりの収入になるからです。

 

それは少なくともそこらへんの中小企業以下の場所で働くよりもずっと収入は良いです。仕事自体も決して辛い類のものではないのでおすすめです。

 

ですがだかろと言って誰でも薬剤師を目指す事ができるのかというとそういう事はないです。
薬剤師になろうと思った時はますは大学の薬学部に6年は通う必要があります。

 

それができないという人も多いと思います。なぜならまずは薬学部の勉強に付いていけないという場合もあります。そしてもうひとつは薬学部に通うための学費を捻出できあいという事もあります。

 

そしてこれらをクリアできたとしても最後には薬剤師になるための国家試験も待っています。
それをクリアできてようやく晴れて薬剤師になれます。

 

ですから、ここまでの道のりを見事潜り抜けてようやく薬剤師になれるかどうか決まります。
なので薬剤師になれるという確証があればそれだけ道のりを耐える価値はあると思います。

 

ですが学費や薬剤師の勉強がネックになると思う場合は素直に薬剤師になるのを諦めるのが賢明です。それぐらい薬剤師はなるまでが大変という事です。

 

それが薬剤師の最大のデメリットと言えます。