非正規の薬剤師はやりがいのある仕事を任せてもらえない?

非正規の薬剤師はやりがいのある仕事を任せてもらえない?

薬剤師は非常に多くの仕事を任されて、それをこなしていきますが、正規雇用と非正規雇用では任される仕事内容が異なるというのが一般的だと思います。
したがって、任される仕事内容にもしかしたら不満を持つということがあるかもしれないのですが、一般的に責任が思い仕事は正社員の薬剤師が任されます。
そして、相対的に責任が軽い仕事は非正規の薬剤師が任されるとされているので、そこに差が生まれることになるのです。
自分がやる薬剤師としての仕事にこだわりを持っていない人にとっては、あまり関係ないかもしれませんけど、そこにこだわりがある人にとってはもっとやりがいのある仕事をしてみたいという思いがあるかもしれません。
特に非正規で働いている人はこういった気持ちになるかもしれないのです。
正社員の方はやりがいという意味では、ほぼ満たされる仕事ができると思いますけど、非正規の薬剤師はそうはいかないことが多いのです。
だから、そこに不満を持って仕事をしていくのが辛いというケースが発生するかもしれないので、そういったことをあらかじめ予見しておきましょう。
こういう仕事の分類はどこの職場でもある程度ありえると思いますから、自分が任される仕事内容にこだわりがある人、より責任の重いやりがいのある仕事をしたいと思っている人は非正規ではなく、正社員を選ぶと良いでしょう。
同じ薬剤師でもそういった部分の違いがあることは認識したうえで働き方を決めると良いと思います。