薬剤師の将来

薬剤師の将来

医療従事職のひとつである薬剤師。

 

医師や看護師とはまた違った切り口から、患者さんの病気に立ち向かっていく職業の方ですね。

 

その職業自体には非常に独自色が強く、看護師のように医師との共生、もっと言ってしまうと医師ありきでの労働はあまりない(看護師を低く見ているわけではないですよ!)、珍しい職業ともいえます。

 

さて、薬剤師は非常にたくさんの学生が目標としている職業です。近年、薬剤師になるための必要年数が6年間に引き上げられ、病棟実習期間が長めに取られることとなりました。より臨床の場に出たときに即戦力になる薬剤師がほしいとの表れなのかもしれません。

 

薬剤師はその性質上、化学を得意とする方に人気です。医者はどちらかというと生物に特化した知識が求められていますので、ここに薬剤師と医師の根本的なすみわけがなされているわけです。もちろん医師の職業上、薬物はもちろん扱えるのですが、それに関しての知識が薬剤師の方はずば抜けていると言い換えた方が正しいでしょうか。

 

気になるのは、最終的にどういった形で就職をするか、ここになると思います。身もふたもないことを言えば、稼ぎたいのであればその辺の薬局勤めになった方が確実にお金は溜まります。大学病院勤務などでは、ストレスたまる、労働時間長い、賃金安いと、いいようによっては三重苦ともいえるものです。薬局はこれの正反対と思っていただければ結構です。ただ、確実に病院勤務の方が薬剤師としてのスキルは高まります。

 

どちらを取るか、人によって考えは千差万別と思いますが、どちらを取っても後悔のないよう、しっかり考えていった方がよさそうですね。